チャンピックスの意識喪失の副作用と使用上の注意

禁煙の手段として、電子タバコや禁煙(ニコチン)パッチなどがありますが、ファイザーのチャンピックスを希望する人もいます。
禁煙補助剤であるチャンピックスはバレニクリン酒石酸塩が成分ですが、成分の詳しい説明や初めての禁煙を成功させるため、専門外来を受診してから使用することが多いようです。
ただ、この場合の大きなメリットは専門外来の受診により間違った使い方や、薬剤に対する自己流の解釈からくる誤解がなくなります。
しっかりと専門医の診察を受け、他に抱えている疾病がないか、禁煙治療薬を使用してもよい状態かを確認できればよいのですが、それが億劫だと感じたり面倒だと感じて自分で購入をする場合もあります。
もちろん、ファイザーのチャンピックスを薬局やドラッグストアで購入することは可能ですし、今ではインターネット上でも注文することができます。
その場合は十分に説明書を読み、自分の健康状態を過信することなく使用できるかどうかを確認しなければなりません。
また、チャンピックスには副作用が伴うことがわかっており、製造販売元のファイザー社より使用上の注意と告知が公表されています。
例えば、めまいや極度の睡魔、意識喪失などが報告されており、特に車の運転中に意識喪失になったことで事故を起こしたという報告が出ています。
これは当初、事故を起こした使用者が他の薬を服用していたこともあり、チャンピックスによるものではない可能性があったのですが、同じようにチャンピックスを使用後に再び意識喪失になったことで、使用上には注意が必要になりました。
車や自転車、使用中に業務や生活に与える影響も加味してチャンピックスを使用するよう、服用には十分に注意し、少しでも異変があった場合は使用を中止する必要もあります。