吸いたい気持ちを抑えるチャンピックスと日記の併用

タバコを止めたいという人hが多いですが、なかなか実際に禁煙を成功させるというのは難しいものです。
喫煙者というのはニコチン依存症という薬物依存症の一種なので、禁煙の成功率を高めるためには禁煙外来などを受診するのが最も効果的です。
禁煙外来は、自費診療の場合と保険適用になるばあいがありますが、保険適用になるには指定されたクリニックで喫煙の年数や本数などの条件を満たした場合になります。
禁煙外来で処方される薬で現在の主流になっているのはチャンピックスという薬です。
吸いたいという気持ちを抑えてくれる効果があるだけでなく、タバコを吸ったとしても美味しいという気持ちが無くなる効果が期待出来ます。
チャンピックスはニコチンを含まないので、ニコチン置換療法と違ってニコチン依存を深めるということもないので安全性が高いとされています。
ニコチンが含まれていなくてもタバコを吸いたいという気持ちが抑制されるのは、チャンピックスがニコチンレセプター(ニコチン受容体)と結合していくからです。
また、チャンピックスを使用すると自力で行うよりも3倍ほど禁煙成功率が高くなるというデータが有ります。
チャンピックスと併用して利用すると効果が高まるのが禁煙日記です。
なぜ禁煙日記が効果的なのかというと、毎日の積み重ねが重要な禁煙において日記という記録があると禁煙のモチベーションを高める事に繋がるからです。
吸いたいという気持ちが出てきた時にそれまでの禁煙日記を見るというのも非常に効果が高いです。
禁煙は自分の止めたいという気持ちも重要なので、チャンピックスと日記の併用を行うことで禁煙の成功率が高まることに繋がっていくということです。