東京都の路上禁煙と禁煙治療薬にチャンピックス

東京都では路上喫煙は禁止になっているエリアが多く在りますが、路上喫煙と言うのは立ち止った状態で喫煙を行う事であり、歩きながらの煙草は歩行喫煙であり、歩行喫煙においても東京都では禁止にしてある地域が多く在ります。

東京都は過密都市でもあり、人が多く行き交うエリアです。
歩行喫煙は、小さな子供などの顔や体などに火の粉が飛んで火傷をするなどの被害が在ることからも、厳しく取締が行われているわけです。

最近はタバコの値段も高騰しているなどの理由から、禁煙をする人も増えているのですが、禁煙と言っても中々タバコを止める事が出来ない人も多くいます。

東京都内に在る病院の中には禁煙外来と呼ばれている禁煙治療を受ける事が出来る診療科を持つ施設が多く在ります。

禁煙外来は、お医者さんと一緒に禁煙治療を行う事になるので、自分一人の力や意志だけでは禁煙が出来ない人などが禁煙治療を受ける事で禁煙の成功率を高めるとも言われているのです。

禁煙外来での禁煙治療と言うのは、お医者さんからのアドバイスを受けるだけではなく、禁煙補助剤の1つでもあるチャンピックスを服用して禁煙を成功に導いてくれるものです。

チャンピックスには他の禁煙補助剤のようなニコチンは含まれていないのですが、チャンピックスを服用する事で微量のドーパミンを分泌させて、ニコチン依存度を引き下げてくれる効果を期待出来ます。
12週間の中でチャンピックスを服用する事で禁煙が出来ると言われているのです。

また、禁煙治療は治療費や薬代などが保険適用となるので、これらの費用負担は3割で済むと言われています。
但し、保険適用となるのは、初めて治療を受ける時と、初診から12週間までの間、再診の場合は初診から1年以上経過した場合などの条件が有ります。