肺へ負担や神経毒性がない禁煙治療薬チャンピックス

タバコは、嗜好品として根強い人気を保っていますが、健康に悪影響を及ぼす多様な物質を含有していることが知られています。特に、肺がんを誘発するタールと血液中の酸素の運搬を阻害する一酸化炭素による問題は、生命の存続にもかかわってきます。このために、喫煙者の多くが禁煙に取り組むのですが成功するのは簡単ではありません。それは、タバコにはニコチンという物質が含まれているからです。

ニコチンは、脳内のアセチルコリンという神経伝達物質の受容体と結合することにより、快楽物質ドーパミンやリラックスさせるセロトニンなどを分泌させる作用があります。これにより、タバコを吸った時には、満ち足りた様な感覚になるのですが、この状態はいつまでも続くわけではありません。

ニコチンが体内から失われるとアセチルコリン受容体は空になってしまうので、ノルアドレナリンという不快物質が分泌されることになります。この不快な感情を改善するために、再びタバコに火をつけるということが繰り返されます。この様に中毒性があるために、タバコは嗜好品という扱い方から依存性薬物として認識されるようになっています。

タバコの中毒性を利用した禁煙の方法が、ガムやパッチなどを使用するニコチン置換療法です。この方法は、ニコチンを補給することによりタールや一酸化炭素から遠ざかるということがポイントで、煙を出さないので肺に負担をかけることもありません。ただし、ニコチンにも神経毒性があるので、完全に安全な方法というわけではありません。

これに対して、禁煙治療薬のチャンピックスは、ニコチン置換療法よりも一歩進んだ内容で、肺への負担をかけないだけではなく神経毒性による被害もありません。それは、チャンピックスはニコチンを含んでいないからです。つまり、ニコチンガムやパッチの様に神経毒性により依存症になるということはチャンピックスでは起こりえません。